本棚の片隅で~喜怒哀楽感想文~

オススメの本を感情別に分類しています。感想自体は短め。

『午後二時の証言者たち』天野節子

60オーバーでデビューされた作家さんとのことで、失礼ながら古くさいかな……?と思って読み始めたら、全然そんなことなかったです。

ラストはもう少しミステリーするのかと思っていたら、比較的ストレートな結末に。

あの名前がペンネームだったことは早期に予想がついていたので拍子抜けしたけれど、娘を、ただ一人の最愛の天使を失った志摩子の胸の悲痛はこちらが辛くなるほどに伝わってきました。