本棚の片隅で~喜怒哀楽感想文~

オススメの本を感情別に分類しています。感想自体は短め。

『この部屋で君と』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この部屋で君と (新潮文庫) [ 朝井リョウ ]
価格:637円(税込、送料無料) (2018/8/10時点)

このアンソロジーは大当たり!どの作品も、とっても良かったです!

気になってた作家さんもかじることができてもっと読みたくなって、大満足。

 

越谷オサムジャンピングニー』は、『いとみち』を読んでいたので、智美さんに思い入れが……東京でこんな生活をしてたんですね。

色んな面が見えて、ぐぬぬ、やっぱり智美さんは素敵です。

 

坂木司女子的生活』のみきちゃんがどうも女クサすぎるなぁと想っていたら。種明かしされたら、一気に魅力的になりました。

これが一番「この部屋で君と」という感じがするなぁと思いました。