本棚の片隅で~喜怒哀楽感想文~

オススメの本を感情別に分類しています。感想自体は短め。

インターミッションを挟みながら、とびっきりのミステリー旅行へ出かけよう!|『ジュリエットの悲鳴』有栖川有栖

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジュリエットの悲鳴 (実業之日本社文庫) [ 有栖川有栖 ]
価格:699円(税込、送料無料) (2018/3/11時点)

前半が筋道立てたミステリーで、後半に近付くにつれてバラエティが豊かになっていく感じ。

「落とし穴」や「裏切る眼」が特に好きです。「登竜門が多すぎる」も読んでいて楽しかったし、「タイタンの殺人」も面白い趣向。

しかし表題作はオチとかないのかな、ホラーなのかな……?