本棚の片隅で~喜怒哀楽感想文~

オススメの本を感情別に分類しています。感想自体は短め。

読み返すたびに、何度でも背中を押される。この本は、私の宝物だ|『カラフル』森絵都

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カラフル (文春文庫) [ 森絵都 ]
価格:583円(税込、送料無料) (2018/3/6時点)

全然マイナーではないけれど、これだけは紹介させていただきたい一冊。

 

中学3年生のとき、ろくに本を読む習慣のなかった私が手に取った本。

あまりの面白さに笑い、泣きながら読んだあれはまさにめくるめく「読書体験」でした。

『カラフル』を真と同じ歳のときに読むことができて、本当に良かったと思います。

 

そして人生の転機を迎えた数年前、あらためて文庫版を読み返しました。

中学生のときは目に留めなかった母親の「非凡を求める平凡さ」が、今は不思議と胸に残ります。ああ、確かにあの頃の私は自分を「特別」と思っていて、けれど今は自分にしかない「何か」を追い求めているのだろうか。

そして、本当の本当にプラプラに会ってみたいです。(罪は犯したくないけれど)最後のプラプラが素の口調に戻るシーンが、大好きです。

 

文庫版では阿川佐和子さんの解説で森さんのお人柄を窺い知ることができて、それもまた嬉しい。