本棚の片隅で~喜怒哀楽感想文~

オススメの本を感情別に分類しています。感想自体は短め。

東京で大地震が発生したとき、人々は何を思うのか?運命というほど激しくはない、けれど緊急時だからこそ顕わになる感情について|『東京・地震・たんぽぽ』豊島ミホ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京・地震・たんぽぽ (集英社文庫) [ 豊島ミホ ]
価格:514円(税込、送料無料) (2018/3/5時点)

語り手は、悪人にも善人にもなりきれない、当たり前にどこにでもいるような普通の人々。

人の死を悼むような激情はほとんどなく、非日常がさらりと描かれています。

彼らのもっと、もっと「その後」はどうなるのかな。

「パーティにしようぜ」の「それでも元気になるって素晴らしいことだなと思って」が、素敵な言葉です。